遺言書

家族が亡くなったあと、もしも「遺言書」が見つかったら、どうしたらいいのでしょうか。

「亡くなった父の遺品を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が出てきました。
封がしてあるのですが、勝手に開けて中を見てもかまわないのでしょうか?」

封がしてあるうえに、封印(閉じ口のところに押印したり、「〆」「封」「緘」などの封字を書くこと)までしてある場合には、自分で開いてはいけません。

封印がなければ開いてもかまいませんが、いずれにしても、それが公正証書遺言ではない限り、家庭裁判所(亡くなった人の最後の住所地の)に持って行って「検認」を受けなければいけません。

ですから、封のしてある遺言書が見つかった場合は自分で開かず裁判所で開けてもらいましょう。

もし、封印がしてあるにもかかわらず、うっかり開けてしまったらどうなるのでしょう。

その場合、うっかりであっても、封印のある遺言書を「検認」の前に開封してしまうと〝5万円以下の過料〟をとられることになっています。

ですが、遺言が無効になることはありません。

遺言を書く場合は、遺言書を入れた封筒には封印をしないか、公正証書遺言にしておくことがオススメです。

公正証書遺言だと、遺族がすぐに開いて読んでいいことはもちろん、家庭裁判所での「検認」の手続きも必要ないのです。

遺言書が見つかった場合の対処法をまとまると、次のようになります。

①封印のある封書入りの遺言書の場合……家庭裁判所で開封してもらい、検認も必要となります。

②封印のない封書入りの遺言書の場合……すぐに開封してOKですが、検認が必要となります。

③公正証書の遺言書の場合……すぐに開封してOKで、検認も必要ありません。