亡くなった人の銀行預金

家族が亡くなり、葬儀の段取りも決まり一段落といったところですが、いろいろ物入りになってきます。

当面の支払いに関しては、亡くなった人の預金口座にあるお金をあてよう、という人も多いことでしょう。

では、亡くなった人の銀行預金はどうすればおろすことができるのでしょうか。

銀行に口座名義人の死亡届けを出しにいっていなければ、口座は凍結されていないので、預金通帳と届け印があれば預金を引き出すことが可能です。

キャッシュカードでも暗証番号が分かれば引き出すことができます。

遺産分けが済んでおらず、自分のお金ではないので勝手に引き出すのは気が引ける、なんて思う人もいるかもしれません。

ですが、亡くなった人の銀行預金は、相続が生じた瞬間に、もう相続人の方々のものになっています。

現金は数字で割り算できますから、遺産分割の協議を終えていなくても、法定相続分の割合で自動的に分割され、それぞれの相続人がその割合分のお金を受け取っていることになるのです。

ただし、相続人の間で不明朗なことが起きないよう、引き下ろしの額や支出の明細などは、きちんとしておかなくてはいけません。

通帳やキャッシュカードなどで便宜的におろすのではなく、相続を理由として正式に銀行預金の払い戻しや名義替えを請求する場合には、多くの書類が必要になります。

銀行で「相続届」という用紙をもらい、預金の払い戻しか自分の口座への名義替えかのどちらかに丸をつけて出せば手続きができます。

亡くなった人の出生から死亡まで連続した戸籍(除籍)謄本、相続権の確認のために相続人全員の戸籍謄本、「相続届」に署名捺印するために全員の実印と印鑑証明書が必要となります。